2013年01月02日

明けましておめでとうございます(発明の歴史など)

明けましておめでとうございます。
正月はいつも興味のある発明のこと(発明の歴史・方法論など)を考えます。
今の発明の方法論としては、@昔ながらの個人の頭の中のヒラメキ(特にトイレや風呂に入っているときなど)、Aブレーンストーミングなどによる集団発明、BTRIZ(トゥリーズ)などの発明支援装置の利用などが代表的なものだと思います。
改良発明では上記AやBもかなり有効と思います。

最近は、一部の大手企業や中小企業がブレーンストーミングで発明を創出して商品化の予定がなくてもとりあえず出願するという動きもあるようですが、それは、つまり、企業が主婦などの個人発明家と同じような動きをしている(発明会社のような活動をしている)ということになりますね。

今から100年少し前の19世紀後半はエジソンやライト兄弟などの町の発明家が大活躍していた時代なんですよね。
あの頃は、まだ科学よりも技術がずっと先を走っていた時代で、ベンツ(3輪自動車・1885年)、ダイムラー(4輪自動車・1886年)、ベル(電話機・1876年)、エジソン(蓄音機・1877年。電灯・1879年)、ライト兄弟(有人動力飛行・1903年)など、当時活躍した発明家のほとんどは、大組織の人間ではなく科学者でもない町の技術者で、ライト兄弟などは小さな自転車屋をやりながら試行錯誤で飛行機を作っていた訳です。

それが、科学が技術を先導する「科学技術」の時代に徐々に変わって行き、今、社会的意味のある発明のほとんどは大企業や大学の研究所から生まれており、町の発明家の時代はとうの昔に終わったと言われるのは、確かにそうなんでしょう。
ただ、これからは、安価な3Dスキャナーや3Dプリンタの普及などで個人でも気軽にハード・メーカーになれる時代になる(クリス・アンダーソン著「MAKERS」)ということからは、また少し違った方向に進む可能性もあるのではと思います。

posted by mkuji at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 発明の歴史
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61166598
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック